【大暴露!】『ジャニオタ嵐推し(アラシック)二宮担当』の彼女と結婚した男の家庭の末路と気づき

【大暴露!】『ジャニオタ嵐推し(アラシック)二宮担当』の彼女と結婚した男の家庭の末路と気づき

 

今や日本を代表するアイドルの嵐のみなさんですが、うちのママは付き合っている当時から嵐の大ファン。

何でも嵐がデビューする前からのアラシックで、嵐が生活の一部というより大部分を締めていたようです。

 

そして、ぼくはそんな彼女と出会い結婚したわけですが、熱狂的なアイドルファンの女性と結婚したことで想像もしていなかったことが家庭でおこるようになりました。

今日は、熱狂的な嵐ファンの女性と結婚したわが家の現状について暴露したいと思います。

 

知られざるアラシックの世界

アラシックとはアラシ(嵐)× シック(SICK・病気)=ARASICK。

つまり、病的なほどの嵐のファンを指す造語です。

 

嵐というグループについては知らない人はいないと思いますが簡単に説明すると、ジャニーズ事務所に所属するアイドルグループで相葉雅紀、大野智、櫻井翔、松本潤、二宮和也の5人で構成。

グループとしての活動だけでなく5人それぞれが個性を生かして映画、CM、バラエティー、ドラマなど多くの分野で活躍するまさにマルチタレントです。

ちなみにわが家での嵐5人の呼び方は

  • 二宮和也=ニノ ゲーマー、芸達者
  • 櫻井翔=翔くん しっかりもの、進行
  • 大野智=リーダー アーティスト肌、右脳系
  • 松本潤=MJもしくはJ イケメン担当、ハートもイケメン
  • 相葉雅紀=相葉ちゃん おバカ担当、素直

 

ぼくはもちろん、ママと付き合うまでは嵐についてそんなに知りませんでしたし特に興味を持ったこともありませんでしたが、アラシックのママと生活を共にするようになったことでアラシックと言われる彼女の独特なライフスタイルが見えてきました。

 

・嵐のメンバーが出る番組は基本すべて録画

嵐のメンバー5人全員がそろった番組だけではありません。

メンバーが個別で出演しているドラマやバラエティー番組も録画します。

こうなると、テレビ番組を録画するHDDの容量がすぐパンクします。

だから、ママには『HDDがパンクするとこどもたちのアニメが録画できなくなってこどもが暇になる。そうなるとママのところに押し寄せてママの時間がとれなくなっちゃうから、HDDから嵐の番組をDVDにダビングしてHDDのスペースを空けておいたほうがいいんじゃない?』とそれらしく提案。

ママが録画した嵐の番組のCMカットの編集技術とDVDにダビングする方法をレクチャーして、DVDにダビングした番組はHDDからは削除してもらうことでわが家のHDDは常に一定の容量を確保していますw。

嵐用の外付けHDDを買ってあげてもいいと思うけど、それなりにお金がかかるからまだご提案していないw。

 

・家族で見るテレビはこどものアニメか嵐の番組(録画含む)

見たい番組がない時は、ほぼ嵐の録画番組を観る。

 

・CDやライブDVDは基本、視聴用と保存用の2枚を買う、CDは初回限定版と通常版の2枚を買う。

・車の中の音楽はいつも嵐の新譜

・買い物で何を買うかは嵐のCMに依存するところが大きい

これが結構デカい。

まあ物を買う時にそんなにこだわりはないが、こだわりがないからこそ『嵐』というひとつの基準が購入を決定づけることもしばしば。

ちなみに現在、嵐および嵐の5人が出演しているCMはこれだけある。

これだけあれば買い物に行けば大体何かしらの商品は買ってしまいますよね。

 

※( )内は出演者

  • ビールはキリン (嵐)
  • ゲームはパズドラ (嵐)
  • 年賀状 (嵐)
  • メッツコーラ (リーダーと相葉ちゃん)
  • 虫刺されはムヒ (相葉ちゃん)
  • ミスド (相葉ちゃん)
  • シャンプー (MJ)
  • サラダ油は日清 (ニノ)
  • 洗濯洗剤はナノックス (ニノ)
  • 森永チョコ (リーダー)
  • アレルギーはアレグラ (リーダー)
  • アイスはピノ (翔くん)
  • から揚げ・ぎょうざは (翔くん)
  • ウィダー (翔くん)

 

・家族名義でもファンクラブに所属

嵐のファンクラブに入っていることによって、コンサートチケットの抽選に当たりやすいとの話。

もちろんぼくも付き合ってる時から嵐のファンクラブに入っていますw。

 

・チケットが手に入らずライブに行けなくてもドームまで行ってグッズを購入。もちろん2個ずつ買うw

 

・リーダーがデザインした24時間テレビのTシャツをペアで買ってパジャマで着る。

リーダーがデザインした24時間テレビのTシャツをペアで買ってパジャマで着ていたのはいい思い出。

2004年の24時間テレビでのTシャツ。なつかしいなあ。

arasick_tshirts2

2013年24時間テレビのTシャツ。こっちは今でも着てる。

とまあこのように生活の大半がなにかしらの『嵐』に囲まれて生活するようになり、子供に至っては生まれてからずっとこの環境が続いているためいつも嵐と一緒にいるのが当たり前みたいになっています。

 

彼女から明かされたジャニオタの苦悩と現実

結婚前でまだ付き合っていた当時のある日、彼女からある相談をされました。

『ぼくが彼女のことを嫌いになるのでは?』と心配になったそうです。

別にぼくが彼女から何をされたり言われた記憶もなかったのですが、理由はアラシックの彼女が過去に受けた経験にあったようです。

 

過去には『アイドルの嵐のファン』というだけで周りの友人、知人、同僚から『気持ち悪い』、『ぶっちゃけイヤだ』、『やめてほしい』と差別的ともいえる言葉を散々言われたことがあるらしく、それで付き合っていたぼくも『彼女のことが嫌いになるのでは?』と心配になったみたい。

今思えばかわいらしい相談ですが(笑)、当の本人は相当不安だったみたいです。

 

アラシックの彼女から教えてもらった気づき

彼女がアイドル好きということに対して彼女を嫌いになったり気持ち悪いと思うことは一切なく、逆にそれだけ何かを『好きになる』ということはとってもいいことだと思うんです。

 

実際ぼくもそうだったように、趣味や好きなものやお金や時間を投資して楽しみたいものをもっていると、それだけ人生の大部分を楽しむことができるから、気持ち悪いどころかどれだけあってもいいと思うんですよね。

趣味や好きなものがあると、ストレス発散の方法や落ち込んだ時のカンフル剤をもっていることになる訳だし。

 

『何かが大好き!』っていうそのエネルギーのベクトルが変わって別の好きなものを見つけても同じようにエネルギーを発揮できる可能性があるわけだから、『何かが大好き!』っていうエネルギーはその人の生命力であり潜在能力だと思う。

何より、好きなものに打ち込んでいる人はそのエネルギーで輝いて見えるから、カッコいいですよ!

だから、これからも嵐ファンでいてもらうことには全く問題なく、むしろこれからもアラシックを続けてほしいと彼女には伝えました。

 

これだけ聞くとぼくが寛大な男のように見えるかもしれませんが、ぼくが彼女にそう伝えたのにはもうひとつ別の理由がありました。

 

実は、ぼくも『熱狂的なファン』でした

これもプロフィールのところに書いたのですが、ぼくは20年近くサッカーをしていたこともありサッカーを観るのも大好き。

特に海外のサッカーについては病的なファン。

 

2002年に開催が予定されていた日韓ワールドカップは絶対現地観戦する!と決めていたので、試合日に会社を休んだり調整するのがわずらわしいんだろうなあ、ということで定職に就かずにバイトをしながらワールドカップ観戦のための旅費を貯めていました。

チケットはFIFAの公式サイトで抽選に応募して見事当選!

でも、お目当ては日本代表ではなく、長年愛し続けたアイルランド代表!

 

あまりに好きすぎて幕張のキャンプ地まで押しかけ、アイルランド代表の守護神、ゴールキーパーのシェイ・ギブンとの念願の2ショット写真を撮ったのは一生の思い出です。

アイルランド代表の守護神、ゴールキーパーのシェイ・ギブンとの念願の2ショット

これはぼくが死んだら棺桶に入れる予定の宝物です。

日韓ワールドカップでは横浜で行われたサウジアラビア×アイルランド戦だけでなく、韓国の釜山で行われたフランス×ウルグアイ戦、清水で行われたベルギー×ロシア戦、神戸で行われたブラジル×ベルギー戦などを観戦してワールドカップを大いに楽しみました!

 

ワールドカップ以外でもイタリアのACミランがお気に入りで、いわゆるミラニスタ。

ACミランは日本代表の本田選手がいるチームですね。

※イタリアのミラノには本田選手が所属するACミランと長友選手が所属するインテルの2チームがあり、ミランの熱狂的なサポータをミラニスタと呼ぶ一方、インテルの熱狂的なサポーターはインテリスタと呼びます。

 

ACミランの試合は全部観たかったので、スカパー、BS、WOWOWなどミランの試合を放映するチャンネルをコンプリートしてイタリアのセリエAやEURO(ヨーロッパ選手権)、ついでにイタリア以外の各国リーグも毎年全試合録画。

録画してためたサッカーの試合を家でひとりで観ながら、

 

『マルディーニとネスタのセンターバックでキーパーやりたいわあw』

 

『ガットゥーゾなんて絶対敵にいてほしくないわ!w』

 

『もうピッポ(インザーギ)のラインブレイクは芸術ですな!』

 

ってひとりでぶつぶつ言いながら、サッカーの試合を観ながらスター選手=【推しメン】探しをしていたおっさんの自分に比べれば、女の子が男性アイドルを追っかけるなんて全然普通ですよ、普通。

むしろ健全とすら思う。

 

それにくらべて、当時は毎月ワールドサッカーダイジェストというサッカー雑誌を購入してスター選手やお気に入りの選手の付録ポスターを集めていたのですが、ぼくのようないい年したおっさんが海外のサッカーが上手なゴリゴリのおっさんのポスターを部屋中に貼りまくってニヤニヤしている姿を想像すると、アイドルを追いかける女の子よりぼくのほうがよっぽどヤバいような気がするのは気のせいでしょうか(笑)?

 

アラシックとミラニスタが起こした化学反応

そんなわけで、ママは嵐でぼくはACミラン。

わが家には2人の『熱狂的ファン』がいるのですが、お互いがお互いの好きなものに対して理解して一緒に楽しむことで、家庭の中でいろいろな『変化』がありました。

 

まず、何よりも自分1人で楽しんでいたものがママやこどもたち、家族一緒に楽しんでもらえると単純にうれしいし今まで以上に楽しい!

それにこちらもママやこどもたちでも楽しんでもらえるように工夫して、これまでとは違う楽しみ方もできるようになりました。

 

今ではママと一緒にサッカーの試合を観る時には、ママはもっぱらイケメン探しw。

イケメンが多いと言われる世界のサッカー選手の中でママが選んだイケメン選手が、イングランド代表のスティーブン・ジェラード

イケメンが多いと言われる世界のサッカー選手の中でママが選んだイケメン選手は、イングランド代表のスティーブン・ジェラード!

ジェラードはイケメンなのか…?

いや、確かにリバプールのキャプテンもやって強烈なミドルシュートが武器のジェラードはサッカー選手としては超がつく一流ですが、イケメンかっていうと…ねぇ。。。

まあきっとそんなあいまいなイケメン基準だからこそ、ぼくもママに選ばれているかもしれませんが!w

 

そして、ママのサッカー推しメン探しはエスカレートし、一時期は日本代表の内田篤人選手の推しが激化。

ママのサッカー推しメン探しはエスカレートし、一時期は日本代表の内田篤人選手の推しが激化。

『ウッチー、かわいい!!』を連呼w

しかし、彼が結婚したというニュースを一緒に観ていた時に『チッ。』とママが舌打ちした顔が今でもぼくの脳裏から離れません。

こうしてママにもっとサッカーを楽しんでもらうためにも、ぼくはこれまで以上にサッカー界のイケメンを探してママにご提案するようになりました。

 

逆にぼくもママが大好きな嵐を一緒に楽しむようになりました。

もともとお笑いやバラエティー番組が大好きということもあり、嵐の番組を観るということに何の抵抗もありませんでした。

 

それどころか、嵐の5人の個性や性格、仲の良さを見ていて本当に好感が持てるし、できるものなら嵐に入りたいとさえ思うw。

 

リーダーの大野くん、好きなんですよね。

朴訥としているけど感性豊かですごく個性的。

 

でも、こっちのリーダーも親近感が持てて大好きです。

アイドルは老眼鏡はせえへん!

嵐の先輩、TOKIOのリーダー城嶋さんが放った一言は、もはや名言w。

 

そして、2014年12月。

ママのひとつの夢が叶うことになります!

 

嵐ファンクラブの抽選で家族全員の親子席チケットが奇跡的に当たって家族全員で嵐のコンサートに行くこと!

 

これにはママも狂喜乱舞!

嵐が好きなこどもたちも大喜び!!

その横でチケット代金の心配をしているぼくのことなんて誰も気にしていませんw!

 

この記事のヘッダー画像は当選した『嵐ライブツアー2014 デジタリアン』のチケット写真です。

【大暴露!】『ジャニオタ嵐推し(アラシック)二宮担当』の彼女と結婚した男の家庭の末路と気づき

 

それよりも心配だったのは、その翌月1月末にママは3人目を出産予定!

念のため、『何かあったらいけないからやめてもいいよ。』とママに聞いてみましたが、『逆にいい胎教になるわ。』の一言でやっぱり強行w。

 

嵐のコンサートのうちわ(保存用w)

嵐のコンサートのうちわ(保存用w)

嵐コンサート会場の模様

嵐コンサート開始直前の会場の模様

 

でも、本当に行ってよかった!!

嵐のコンサート、超楽しかったです!!

 

ゴンドラに乗ってぼくたち家族が座っていたアリーナの上をまわるニノに向かって、『おーい、二宮くーん!!!』と後輩を呼び止める先輩みたいにぼくが大声を出した後に『あ!いま、ニノが俺のほう見たー!ぎゃーー、やったーーー!!!!』と、まわりのお客さんが失笑するくらい家族みんなで超盛り上がることができたのは、ママがアラシックでいてくれたおかげです。

 

アラシックの彼女と結婚した男の家庭 まとめ

誰だって自分が好きなものを他の人にも好きって言ってもらえると、すごくうれしい。

その『好き』っていう気持ちを一緒にシェアしてもらえると、もっとうれしい。

だから、家族が喜んでくれるなら嵐のコンサートだろうが、アンパンマンだろうがプリキュアやヒーロー戦隊のショーだろうが何でも一緒に楽しみたいと思います。

 

重要なのは一緒に楽しむこと。

いやいや行ってつまらなさそうな顔をしてると、連れて行ったその人も寂しいし悲しいですよね。

 

家族との共通の話題づくりやその人の感性を知る意味でも、家族が好きなものを一緒にシェアすることはとても意味があること。

ぜひお父さん方も、ご家族の好きなものを一緒に楽しんで家族との思い出をいっぱい作ってあげてください。

 

【大暴露!】『ジャニオタ嵐推し(アラシック)二宮担当』の彼女と結婚した男の家庭の末路と気づき

2 件のコメント

  • […] 家庭防衛軍さんの、お嫁さんが嵐ファンだった記事を読んで「ああ~わかる~」となり、私もTOKIOの20周年で初めて元ダンナさんを連れて行ったことを思い出しました。 […]

    • コメントありがとうございました!
      嵐も好きですがTOKIOも好きですよ、特に老眼と闘うリーダーがw。
      『好きなものは好き!』と言える人間関係をつくりたいですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です